三井住友銀行から資金使途自由なお金を借りる方法を知ろう

お金を借りたいとおもったときに、銀行からお金借りる方法というと、大口の法人融資や住宅ローンがイメージされるかもしれません。 ですが、資金使途が自由で審査時間も最短30分と手軽なカードローンキャッシングも扱っています。 三井住友銀行カードローンの場合は10万円から最高800万円まで借りることが可能です。 審査の結果次第ではありますが、契約極度額が大きいのは資金力の大きい三井住友銀行ならではといえるでしょう。 借りるための条件は、申込時20歳以上で65歳以下の安定した収入のある方で、保証会社の保証を受けられる方となっています。 審査にあたっては、三井住友銀行並びに保証会社の審査を通らなければなりません。 本人確認書類として運転免許証か健康保険証、パスポート、顔写真付住民基本台帳カードのいずれかが必要になるほか、300万円を超える申込の場合、年収が確認できる資料の提出も必要です。 収入証明書の提出300万円を超える場合でいいというのも、わずらわしさがありません。 申し込み方法は多彩で、パソコン、モバイルを通じたインターネットからの申し込みのほか、コールセンターからの申込みやローン契約機での申込に郵送によるメールオーダー申し込み、店頭窓口での申込も可能です。 メールオーダー以外は最短30分で審査が可能です。 また、既に銀行口座をお持ちで、インターネットバンキングのSMBCダイレクトを利用している場合は、審査が通り次第、お手持ちのキャッシュカードを通じて借り入れができ便利です。 それ以外の場合はローン契約機または郵送にてカードを受け取り、銀行やコンビニのATMを通じて借り入れを行います。

銀行の審査ではどんな点が評価されるのか

銀行のカードローンキャッシングを利用してお金を借りるためには審査に通過しなければなりません。 お金借りたいと思たっと気に、誰にでも簡単にお金借りることができるわけではないのです。 銀行の審査というと厳しいというイメージがありますが、実際にはそのようなことはありません。 基本的に仕事をしていて毎月一定の収入を得ている人であればお金を借りることができます。 はじめて申し込むという人の中には自分が審査を通過して融資を受けられるかどうか不安だという人も多いでしょう。 また、どのような点が評価されて、どのような点が不利になるのかということもよくわからないかもしれません。 そこで、査定で重要となるポイントをいくつか紹介します。 まず職業についてですが、何よりも安定性が重視されます。 最近は正社員以外の働き鷹をする人も増えてきていますが、たとえアルバイトやパートであっても融資を受けることはできます。 どんな仕事についているかも重要ですが、それよりも勤続年数の長さがより重視されます。 お金借りるときに、1つの職場に長く勤務している人はそれだけ職場で重要な役割を果たしているということになり、リストラなどのリスクが少ないと考えられるからです。 年収についても同様で、単に年収が多いことよりも毎月安定して一定以上の収入があるかどうかということのほうが重要になります。 自営業者の中には収入自体は多くても月によってもらう金額に大きな差がある人がいますが、そのような人は査定でマイナスになることがあります。 現在の借入状況も重要な査定項目です。 複数の金融機関から多額の借り入れがある場合には返済能力に問題があるとされて不利になります。 また、借入金額は少なくても返済に滞納がある場合も不利になるので注意が必要です。 このような人はキャッシングの申し込みの前に債務をまとめたり、滞納を返済しておくようにしましょう。



Copyright© 三井住友銀行カードローン申し込み All Rights Reserved.